• 当日発送
  • 送料無料

現代人文地理学の理論と実践-世界を読み解く地理学的思考 [単行本]

ブランド:g61zK2BO

お気に入りブランド
販売価格 :

4330.00税込

獲得ポイント :
49ポイント

商品がカートに追加されました
現代人文地理学の理論と実践-世界を読み解く地理学的思考 [単行本]
現代人文地理学の理論と実践-世界を読み解く地理学的思考 [単行本]
販売価格:¥4330.00 税込

在庫あり

※ 商品のお届けについてはこちらよりご確認ください。

SHOPPING が販売、発送いたします。

当日発送可 (14:00までのご注文が対象)

  • ご注文内容・出荷状況によっては当日発送できない場合もございます。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

利用可

  • ポストにお届け / 一点のみ購入でご利用可能です。
    ゆうパケットでのお届けの場合はサンプル・ノベルティが対象外となります。
    ゆうパケットには破損・紛失の保証はございません。
    詳しくはこちらよりご確認ください。

    商品の詳細

  • 目次

     日本語版へのはしがき
     はしがき
     謝辞

    第1部 人文地理学の理論化

    第1章 理論への導入
     1.1 はじめに
     1.2 知識の生産
     1.3 人文地理学の理論化
     コラム1.1 アンリ・ルフェーブル
     コラム1.2 ドリーン・マッシー
     コラム1.3 ダナ・ハラウェイ
     1.4 本章のまとめ

    第2章 地理学思想史の概観
     2.1 地理学の歴史
     2.2 (空間)科学としての地理学
     コラム2.1 ピーター・ハゲット
     2.3 「人間中心」理論の発展
     コラム2.2 レジナルド・ゴレッジ
     コラム2.3 イーフー・トゥアン
     2.4 構造理論とラディカルな反応
     コラム2.4 カール・マルクス
     コラム2.5 女性と地理学研究グループ
     2.5 本章のまとめ:知的戦場?

    第3章 新しい理論、新しい地理学?
     3.1 はじめに
     3.2 新しい用語、新しい世界
     コラム3.1 ピーター・ジャクソン
     3.3 批判地理学
     コラム3.2 ニール・スミス
     コラム3.3 アントニオ・グラムシ
     3.4 ポスト・モダン地理学
     コラム3.4 マイケル・ディア
     コラム3.5 ジュディス・バトラー
     コラム3.6 エドワード・サイード
     3.5 ポスト構造主義地理学
     コラム3.7 ジャック・デリダ
     コラム3.8 ジル・ドゥルーズ
     3.6 本章のまとめ

    第2部 理論地理学の実践

    第4章 身体の地理学
     4.1 序説、身体
     4.2 移動と休息と出会い
     コラム4.1 モーリス・メルロ=ポンティ
     4.3 身体の洗練と規律
     コラム4.2 ミシェル・フーコー
     4.4 文化資本と身体投射
     コラム4.3 ピエール・ブルデュー
     4.5 性的身体と性的魅力のある身体
     コラム4.4 ジル・バレンタイン
     4.6 身体の他者化
     コラム4.5 デイヴィッド・シブレー
     4.7 本章のまとめ

    第5章 テクストの地理学
     5.1 テクストの意味
     5.2 言語と文学の地理学
     コラム5.1 レイモンド・ウィリアムズ
     5.3 映画の空間
     コラム5.2 ロラン・バルト
     5.4 景観の理論化
     コラム5.3 デニス・コスグローヴ
     コラム5.4 ジャン・ボードリヤール
     5.5 本章のまとめ

    第6章 貨幣の地理学
     6.1 はじめに
     6.2 貨幣の思想
     コラム6.1 ゲオルク・ジンメル
     6.3 貨幣の政治経済学
     コラム6.2 デイヴィッド・ハーヴェイ
     6.4 ネットワーク、組織体、パフォーマン
     コラム6.3 ナイジェル・スリフト
     コラム6.4 リンダ・マクドウェル
     6.5 排除、包摂、抵抗
     コラム6.5 アンドリュー・レイスホン
     6.6 本章のまとめ

    第7章 ガバナンスの地理学
     7.1 ガバナンスの意味
     7.2 変わるガバナンスの様式
     7.3 連携と体制
     コラム7.1 クラレンス・ストーン
     7.4 レギュラシオン理論
     コラム7.2 ボブ・ジェソップ
     コラム7.3 アッシュ・アミン
     7.5 行為者と政策ネットワーク
     コラム7.4 ブリュノ・ラトゥール
     7.6 市民権とガバナンスと社会的公正
     コラム7.5 デイヴィッド・M・スミス
     7.7 本章のまとめ

    第8章 グローバリゼーションの地理学
     8.1 はじめに
     8.2 空間と時間と移動性
     コラム8.1 ポール・ヴィリリオ
     8.3 グローバル化する経済の地理学
     コラム8.2 イマニュエル・ウォーラーステイン
     8.4 場所のグローバル的意味
     コラム8.3 ハーバート・マーシャル・マクルーハン
     8.5 流れの地理学に向かって
     コラム8.4 マニュエル・カステル
     8.6 本章のまとめ

    第3部 結論

    第9章 結び
     9.1 地理学的に考えること
     9.2 将来の地理学的思考とは?

     用語解説(訳者作成)
     参考文献
     索引
     訳者あとがき
  • 内容紹介

    「地理学的に考える」とはどういうことか。概念と学史の通論を避け、人文地理学に理論的影響を与えてきた諸学の思想、また人文地理学が最新社会科学の実践に与える刺激を丹念に解説。理論の重要性および現代世界の理解における地理学的思考の必要性を説く。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    山本 正三(ヤマモト ショウゾウ)
    筑波大学名誉教授。理学博士。1928年生まれ。1951年東京文理科大学卒業。筑波大学教授、筑波大学附属高等学校長、獨協大学教授を歴任

    菅野 峰明(カンノ ミネアキ)
    埼玉大学名誉教授。Ph.D.(地理学博士)。1944年生まれ。1977年ジョージア大学大学院博士課程地理学専攻修了。埼玉大学教授、放送大学埼玉学習センター所長を歴任
  • 著者について

    フィル・ハバード (フィル ハバード)
    原著執筆当時、英国ラフバラー大学講師。
    バーミンガム大学でPh.D.を取得。ケント大学社会科学部副学部長などを経て、現在ロンドン大学キングズ・カレッジ教授。
    著書に、The Entrepreneurial City: Geographies of Politics Regime and Representation(T. Hallとの共著。John Wiley & Sons 1998)、Cities and Sexualities(Routledge 2011)、The Battle for the High Street: Retail Gentrification Class and Disgust(Palgrave 2017)など多数。

    ロブ・キチン (ロブ キチン)
    原著執筆当時、アイルランド国立大学メイヌース校講師。
    ウェールズ大学スウォンジー校でPh.D.を取得。クイーンズ大学ベルファストなどを経て、現在アイルランド国立大学メイヌース校教授。小説家としても活動する。
    著書に、Conducting Research in Human Geography: theory methodology & practice(N. Tateとの共著。Prentice Hall 1999)、Code / Space: Software and Everyday Life(M. Dodgeとの共著。MIT Press 2011)、Digital Geographies(J. Ash A. Leszczynskiとの共編。Sage 2018)など多数。

    ブレンダン・バートレイ (ブレンダン バートレイ)
    原著執筆当時、アイルランド国立大学メイヌース校講師。
    著書に、Understanding Contemporary Ireland(ロブ・キチンとの共著。Pluto Press 2006)など。

    ダンカン・フラー (ダンカン フラー)
    原著執筆当時、英国ノーサンブリア大学講師。
    ハル大学でPh.D.を取得。2009年歿。
    著書に、Introducing Social Geographies(R. Pain M. Barke J. Gough G. Mowl and R. J. MacFarlaneとの共著。Arnold 2001)など。

    山本 正三 (ヤマモト ショウゾウ)
    筑波大学名誉教授。理学博士。
    1928年生まれ。1951年東京文理科大学卒業。筑波大学教授、筑波大学附属高等学校長、獨協大学教授を歴任。
    著書に、『茶業地域の研究』(大明堂、1973、単著)、『ブラジル』〈文庫クセジュ〉(白水社、1975、翻訳)、『日本のブナ帯文化』(朝倉書店、1984、共編著)、『データファイル世界の国ぐに――ロンドン・エコノミスト版1984』(原書房、1985、監訳)、『首都圏の空間構造』(二宮書店、1991、編著)、『人文地理学辞典』(朝倉書店、1997、共編)、『日本の地誌』全10巻(朝倉書店、2005~2012、編集委員長)など多数。

    菅野 峰明 (カンノ ミネアキ)
    埼玉大学名誉教授。Ph.D.(地理学博士)
    1944年生まれ。1977年ジョージア大学大学院博士課程地理学専攻修了。埼玉大学教授、放送大学埼玉学習センター所長を歴任。
    著書に、『都市地理学入門』(原書房、1984、共著)、『地理学講座〈2〉――地理的情報の分析手法』(古今書院、1987、共著)、『現代アメリカ社会地図』(東洋書林、1997、監訳)、『アメリカ大平原――食糧基地の形成と持続性』(古今書院、2003、共編著)、『日本の地誌〈2〉――日本総論2(人文・社会編)』(朝倉書店、2006、共編著)、『日本の地誌〈5〉――首都圏Ⅰ』(朝倉書店、2009、共編著)、『世界地名大事典〈7・8〉――北アメリカⅠ・Ⅱ』(朝倉書店、2013、共編著)など多数。
  • 商品の説明

    現代人文地理学の理論と実践-世界を読み解く地理学的思考 [単行本]
    地理学の歴史と論争:第5回〈地理学のガイドマップ〉 : ながたろぐ
    現代人文地理学の理論と実践-世界を読み解く地理学的思考 [単行本]
    人文地理学のおすすめ専門書(3): 都市地理学|五目御飯
    現代人文地理学の理論と実践-世界を読み解く地理学的思考 [単行本]
    楽天ブックス: 現代人文地理学の理論と実践 - 世界を読み解く地理学的
    現代人文地理学の理論と実践-世界を読み解く地理学的思考 [単行本]
    ヨーロッパ文化: その形成と空間構造』(テリー・G.ジョーダン)の感想
    現代人文地理学の理論と実践-世界を読み解く地理学的思考 [単行本]
    地理学で読み解く流通と消費: コンビニはなぜ集中出店するのか | 土屋
    現代人文地理学の理論と実践-世界を読み解く地理学的思考 [単行本]
    フェミニズムと地理学 地理学的知の限界 - 人文⁄社会
    現代人文地理学の理論と実践-世界を読み解く地理学的思考 [単行本]
    地理学って何を研究してるの?:第1回〈地理学のガイドマップ〉 : なが
    現代人文地理学の理論と実践-世界を読み解く地理学的思考 [単行本]
    フェミニズムと地理学 地理学的知の限界 - 人文⁄社会

    最新のクチコミ

    ★★★★★

    ある所で 凄く香りが良いし 肌がツルツルになって とても気に入り購入しました。毎日の入浴が楽しみです。今の私のイチオシです。 サンプルみたいに置いてあったので使用したら 本当

    • クチコミ投稿 1件
    購入品

    ★★★★★

    発送が早く、すぐに手元に届き嬉しいです! 絶妙な色が多く、葉っぱも入っていて色々なネイルが出来そうです。また入っていなかった他の色も検討中です。

    • クチコミ投稿 1件
    購入品

    ★★★★★

    大変美しいと喜んで頂けました。素敵ですね。

    • クチコミ投稿 1件
    購入品

    ★★★★★

    布おむつ指定の保育園用に購入。 まだ使っていないので、使い勝手や耐久性はわかりませんが、多分問題ないと思います。 サイズアウトしたらまたここで購入したいと思います。 値段の割にしっかりしていました。

    • クチコミ投稿 1件
    購入品

    ★★★★★

    ストウブ10cmを乗せて使おうと購入。 色艶もテカリ過ぎず○ レビューで送料200引きはとってもありがたいですo(*^▽^*)o

    • クチコミ投稿 1件
    購入品

    ★★★★★

    使用感も全く問題なく、とても気に入ってます。

    • クチコミ投稿 1件
    購入品